ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

大切な保険証

当国保組合に加入されますと、その証明書としてお1人1枚のカード、保険証(国民健康保険被保険者証)が交付されます。

保険を扱っている病院・診療所等に保険証を提示してかかれば、少ない負担で必要な保険診療を受けることができます。

保険証はこのように大切なものですから、取り扱いには十分注意してください。

誤りや変更があったらすみやかに届け出を

保険証の記載事項に誤りや変更があったときは、すみやかに国保組合へ届け出てください。

お手元で大切に保管を

保険証は、医療機関にかかるときにはまさに金券のようなもの、また、身分証明書としても使用されます。

他人に貸したり、不正に使用したりすることは厳重に禁止されています。

病院などで保険証を提出したときも、治療が終わったら必ず返してもらい、お手元で大切に保管してください。医療機関等への預けっぱなしは禁物です。

紛失したらただちに届け出を

大切な保険証、万が一落としてしまったら、拾われて悪用される可能性もあります。

紛失したときは、ただちに組合へ届け出てください。とくに自宅以外で落とした可能性もあるようなときは、必ず警察へも届けましょう。

家族に異動があったらすみやかに届け出を

国保組合に加入している家族が増えたり減ったりと異動があったときは、すみやかに国保組合へ届け出てください。

資格がなくなったらすみやかに返却を

加入できる地域外へ移転したり、他の保険に加入したりして、当国保組合の加入者としての資格を失ったときは、すみやかに国保組合へ届け出るとともに、保険証を返却してください。

保険証の更新

保険証は、定期的に更新を行います。

有効期限を過ぎた保険証は使用できません。

ページトップへ