ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

健康診断

日帰り人間ドック(通年)

日帰り人間ドック(年1回限り)・脳ドック(2年に1回)を下記契約医療機関で35歳以上の方が受けるときは一定の補助をします。
下表に、契約金額から組合補助を差し引いた個人負担額を明示していますので、参考にしてください。 また、子宮がん・乳がん検査を含んだ婦人科健診と前立腺検査(いづれも全額国保組合負担)も希望の場合は同時にお申し込みください。

申し込み方法等

  • (1)直接希望の契約医療機関にお申し込みください。 (保険証の記号番号・住所・氏名・電話番号が必要)
  • (2)予約が取れましたら、予約日と健診医療機関名および予約内容を国保組合まで連絡ください。(TEL 06-6772-3115 浴場国保組合)
  • (3)支払方法として、健診当日窓口で個人負担額をお支払いください。差額は、国保組合で医療機関にお支払いします。

年齢等受診資格がない方が人間ドック・共同健診・歯科検診等を受診された場合は、全額自己負担になります。

生活習慣病共同健診(春・秋)
…国民健康保険組合での共同事業〈MOクリニック・オリエンタル労働衛生協会・厚生会クリニック〉

【基本】

問診、診察、身体測定、腹囲測定、尿検査、血圧測定、血液検査、心電図、眼底検査、【採血による検査・★(女性のみ)リウマチ検査】胸部X線検査、胃部X線検査(バリウム)、大腸がん検査(便採取・便潜血2回法)、★女性40歳以上・乳がん検査(乳房X線検査マンモグラフィ)

腫瘍マーカー(採血による検査)

男性・・・前立腺がん検査(PSA)
女性・・・卵巣・子宮がん検査(CA125)

【オプション】

◎(女性のみ)骨密度検査、◎(採血による検査)全員・・・ピロリ菌抗体検査
◎腫瘍マーカー(採血による検査)全員・・・肺がん検査(CYFRA)

生活習慣病(循環器系)予防健診(春・秋)
…浴場国保組合予防健診事業(日本健康増進財団)

生活習慣病一般検査 ・大腸がん ・胸部X線(デジタル) ・腫瘍マーカー〈男性・・前立腺特異抗原 女性・・子宮内膜症、卵巣がんで高値を示す検査〉、子宮頸がん検査  

健診は 35歳以上の方を対象とし、40歳以上の方は特定健康診査 (生活習慣病一般検査)を兼ねています。費用の全額を国保組合が負担します。 実施前に国保組合から案内と申込書を郵送します。
上記、人間ドック契約健診機関および個人負担一覧表の生活習慣病欄○印の健診機関でも(生活習慣病+がん健診)が無料で受けられます。(*事前に健診機関に予約してください。)
40歳以上の方はお住まいの地域の医院で特定健康診査を受診できます。(受診券が必要ですので、国保組合にお電話ください。)
健康診断の判定により支援(積極的・動機付け)の対象者になります。

歯科の健康診断(春・秋)
18歳以上を対象に、全額国保組合が負担します。

それぞれの申し込みについては、受付実施時期・健診機関詳細案内は決まり次第国保組合より案内文を送付します。

郵送検診

がん検診を主とする郵送検診は自宅で都合のよいときに検査ができます。

【検査項目】1人3項目

子宮がん細胞診検査 (20歳以上の女性)・肺がん喀痰細胞診検査(35歳以上)
歯周病リスク検査(35歳以上)・(*)前立腺がん検査(35歳以上の男性)(*)大腸がん検査(35歳以上)・(*)ピロリ菌高原検査(35歳以上)

  • 注 上記(*)の3項目は、生活習慣病共同健診・生活習慣病予防健診を受診される方は、申し込みできません。(共同・予防健診の中で受診できるものがあります。)

それぞれの申し込みについては、受付実施時期・健診機関詳細案内は決まり次第国保組合より案内文を送付します。

ご注意!!

人間ドック・共同健診等・歯科健診について、年齢等受診資格がない方が受診された場合は、全額自己負担になります。

ページトップへ